経営理念・行動指針

ホーム > ブログ > 2014年8月

感染

良い習慣と悪い習慣とどっちが感染するのだろう。経験から言えば、悪い習慣かな。病気と同じですね。良い習慣って目に見えないことが多いから、分からないです。でも、悪い習慣って目立つし、楽だし、すぐに実践しやすい習慣だったりするんですよね。

仕事の依頼でメールを送っても返ってこない・・・。待てども、待てども。そうなると、自分も同じようにすぐに返信しなくなる・・・。結果的にはビジネス自体も上手くいかない。しかも双方。相手に完全に巻き込まれてしまってますよね。すぐに返信するほうが決断も必要だし、時間も取られるし、意外と大変ですが、成功するためには、踏み出すスピードこそ大切なのに。

結局、誰かの悪習により感染してしまう・・・・。優良な企業には優良な取引先しかいないなんて話聞いたことありませんか?とある有名な勉強会では倒産した企業はいないとか?悪しき空気や悪習がない環境に身をおいているからだと思います。

断遮離ってはやりましたが、人や取引先も必要なのかも知れませんね。自分がそうされないように努力しないと。

やるなら細部まで

 部門長会議を行いました。それぞれの課題や議題を上手く、紙ベースに落とし込めたのではないでしょうか?
ただ、フォーマットを会社の規定と大幅に変えてしまった部門長は私や他の人が内容を瞬時に理解することが出来ないので、質問の嵐となってしまいました。
 説明する本人も混乱してしまいましたね。確かに、一から十まで説明を求められるとは本人も想定外だったと思います。理由は簡単です。新しく変更したフォーマットにはすべての運営情報が記載されている為、分からない項目や門外漢な内容でも勉強の為には知りたいと考え、みんな質問してしまうからです。会社の規定やフォーマットにはきちんとした理由や法則が隠されています。1時間程度で簡潔に出来るように内容をセレクトしてあります。そこを理解して欲しかったです。

 もし、大幅に変更するのであれば、細部まできちんと調べ上げ、データを見ないでも言えるくらいになるないと駄目ですね。しかし、すべての情報を網羅したフォーマットをきちんと作成しているので、作成した能力には感服しました。
 

介護はビジネス?

 包括支援センター等を運営する経営者の話を聞くことが出来ました。革新的な運営や経営を行っていて、業界でも知らない人はいない方です。話の中で、「介護はビジネス」、「利益が大切」、「通常のサービス業と同じ」、「最大限、儲けなくてはいけない」という言葉が多く聞かれました。あくまで経営者向けの話なので当たり前の言葉ばかりなんですが、介護職で働くスタッフが聞いたら困惑するだろうなと思いました。介護事業で儲けるということは、一般市民や利用者目線から外れることを意味することだと感じてしまったからです。矛盾であり、経営上は仕方ないことだと思いますが。僕が経営者として割り切れないのは、未熟な部分がそうさせるのかな。

 地域包括支援センターなどを運営しているのは、社会福祉法人ですが、介護度が高く、多くの報酬が望める利用者を自社が運営している事業所へ誘導しているケースがあまりにも多く問題になっています。来年の介護保険法改正により要支援が介護保険から段階的に分離することを見据えて、特定の社会福祉法人が運営する包括支援センターや事業所では要支援だけを他社へ振り分けることをあからさまに行っていると聞きました。

 ただ、多くの介護事業所は下請け的な立場ですので、不条理な状況をどうすることも出来ません。

 収益やビジネスを第一に考えれば当然の行為だと思いますが、実態を市民や利用者が知ったらどう思うのでしょうか?介護業界は元々、利権が絡む業界だと言われていましたが、競争原理を導入することにより、効率化やサービスの大幅な向上につながりました。ただ、行き過ぎると市民を無視した方向に業界全体が向かってしまいます。運営している経営者が悪いのではなく、その仕組みを作った行政に問題があると言えるでしょう。今後、税収不足が続いていけば、様々な分野での行政から民間への運営委託が増えていくと思います。ある意味、すべての機能がビジネス化していくと割り切っていかないとダメなんでしょうね。



  


代々木ゼミナール

27拠点の7割を廃止するそうですね。少子高齢化が原因でしょうが、2000年以降の大学入学者数は減っていないそうです。平均で66万人前後みたいです。同じ大手の東進ハイスクールは売上高6%増の400億円。代ゼミだけが一人負けをしていた可能性が高いな・・・。東進の大半の有名講師は元代ゼミの有名講師みたいですから、先生の質は双方変わらない、むしろ多くの有名講師を生み出した代ゼミの方が人材の宝庫と考えるべきだと思います。

ただ、経営戦略が違うようです。東進は高校1年~3年がメイン、DVD等での個別学習可能。代ゼミは浪人生、高校3年生がメイン、大教室方式。浪人生の数も1992年前後には42万人いたのが現在は5万人程度だそうです。また、私大最難関と言われている早稲田大学でも一般入試の比率が30%超だそうです。推薦入試等で早稲田大学へ行けるなら、予備校自体が不要ですね。時代背景を考えると東進も紙一重だったのかも知れませんね。 

崩壊したビジネスモデルで10年以上運営していたことが驚きです。全国模試も廃止するそうですから、かなり台所事情が・・・・。







価値を得るのではなく。

 コンサル会社の一大イベントが先週の木・金にありました。僕は講演会を受けずに2日目の勉強会のみ参加しました。去年は講演会から参加し、2日間、朝から夜まで経営者の講演を聞いていました。
 去年、受けてみて感じたことは、講演会に行かないで、その時間を仕事に充て、その合間に本を読み、自分の価値を高めることも重要なのではないか?価値を人から得るだけの人間になるのではなく、人に何か価値を与えられる人間になることが大切なんじゃないか?と考えました。まともに2日のセミナー代をはらうと162,000円(税込)です。ビジネス本(1冊:1500円と仮定)だと108冊買えてしまう計算です。今年、僕は108冊読む方を選んでしまいました。
 

お気軽にお問い合わせください。ホームヘルパー・ケアマネージャーの派遣やデイサービスについて、ご質問・不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。電話番号ご利用者様の方(介護タクシー・その他) 045-762-2181/法人様・求職者の方 045-762-0851

メールでのお問い合わせはこちら