経営理念・行動指針

ホーム > ブログ > 2014年12月

淡々と

一年がもうすぐ終わりますね。様々なことがあり、様々な試練を与えられたことを考えると、神様に試されていたのかも知れませんね。すべてにおいて満足した結果を得られたとは思いませんが、どんなことにも淡々と対応出来る様にはなった気がします。

自分の感情により、物事の見方が変わることに気づいたことが大きいかも知れません。すべてを希望にしようという思いでみると、ファイトが湧いてくるような気がしました。また、苦境も時には苦境も必要だなと割り切れるようになったのが淡々と出来た秘訣だと思います。



断捨離

 一時期、断捨離ブームがありました。一定期間、使わない物は思い切って捨てましょうという行為でした。年末になり、まとめて捨てる機会かも知れません。
 
 僕は思い切って、facebookのつながりを整理しました。とはいえそんなに友達数はいませんが・・・。人によっては何百人、何千人と友達として登録していますが・・・。友達の定義って・・・。それって知り合いだろと、思わずつっこみを入れたくなりますが・・・。

 僕はどこかのステージで一度、人間関係や仕事をリセットしたいと思う人間なので、今回、整理してみました。決して、仲が悪いとかそういう類ではないんですが。また、新しい出会いや経験を積むために、一度リフレッシュする。物の断捨離もあれば、人の断捨離もありだと思います。

 

運やツキ

 運やツキがある人と付き合うと人生が良くなると言うが本当にそうなのか?ただ言えることは運やツキがある人は、前向きで明るい人が圧倒的に多いかな。困難なことがあっても、明るく前向きになれる人がいると、あきらめずに答えを必死に探すからではないだろうか。

 つまり、運やツキがあるというよりは、前向きで明るい人と付き合うのが人生にとって良いことと言えるかも知れません。そういえば、弊社のメンバーも明るい人が多くなったなと感じます。

 

 

年間本を250冊読むには

 年間250冊程度、本を読んでいるというと、たいていの人に嘘だと言われます。厳密に言うと、嘘です。なぜか?世の中に出ている本は、大抵は似通っています。読んでいると知っている内容がほとんどだという本も相当数あります。読みたい部分にフォーカスを当てて、残りはかなり速読しています。特にビジネス本や新書は読んでいる時期のトレンドや自分が知りたい分野を多く買う傾向があるので、より内容がカブってしまうのです。
メリハリをつけているから読めているのが正解なのと、相当数の本を読みこむとかなりの予備知識がつくので、スラスラと読めてしまうのも読破出来る理由です。

 小説や参考書で年間250冊読むには、かなりの技術や時間が必要だと思います。ビジネス本や流行りの本のレベルならば、上手く読めば一冊、1時間程度で読めてしまいます。一日、1時間程度を読書に割いても、1週間で7冊、一か月で28冊、年間で336冊読むことが理論上、可能です。

僕が参考にしたのは、佐藤優さんが書いた「読書の技法」を基にしています。佐藤さんは月300冊は読んでいて、多い月は500冊読んでいるそうです。大学時代から少しずつ本を読みだしたのですが、ここ3年位は加速度的に読んでいますね。たまたま読みたくなったというのが理由ですが、かなり世の中や目の前の風景が変わって見えるのが本の素晴らしさかも知れません。


収益性・教育性・社会性

 この3つが会社の原理原則だと、大阪の勉強会で講師の方が話していました。ものすごく分かりやすい言葉だったので、社員総会でネタとして話しました。最近は社会性がもっとも問われている気がします。世間でブラック企業と言われてしまった会社は収益性ばかりにとらわれてしまい、社会性を軽視したのではないでしょうか?特に労働集約的な企業は収益性が低い企業が多い為、ついつい収益に経営資源を集中してしまう傾向にあります。

 社会性や教育性は、目に見えづらいものであったり、すぐに形になりづらいので、私の立場としても、投資する際には躊躇しがちです。でも、年数が経つと、必ず実を結ぶことになるのが教育性や社会性だと最近、ようやく分かってきた気がします。

 社員総会や忘年会、社員研修は少なからず費用がかかります。しかし、年度を重ねる度に会社のファンが増えたり、福祉(介護ではなく)好きの人が増えているのは目に見えて分かります。

 本格的に、社員総会や社内改革を、やり始めた時には、綺麗ごと、お坊ちゃんの戯言なんて言われました。今では、そんなことを言う人は多分?いなくなったかな(笑)

お気軽にお問い合わせください。ホームヘルパー・ケアマネージャーの派遣やデイサービスについて、ご質問・不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。電話番号ご利用者様の方(介護タクシー・その他) 045-762-2181/法人様・求職者の方 045-762-0851

メールでのお問い合わせはこちら