経営理念・行動指針

ホーム > ブログ > 2015年2月

キャラクター

 スタッフのお子さん(男の子)が書いてくれました。上手い!!

DSC_0166.JPG




本を読む大切さ

 スタッフと読書会でもしようかなと思っています。また、社外でも自分で読書会を開催しようかなと思案中です。今年は700冊位読めないか?読むことによって自分にどんな化学反応があるかを実験してみたいと考えています。なぜ、700冊かというと、本の単価が一冊1500円位なので、100万円分くらい読んだら、700冊位になるかなという安易な考え方です。

 福澤諭吉も吉田松陰も本を読み、学ぶ大切さを説いていました。慶応義塾、松下村塾が作られたのも勉強する場を提供する為でした。自分もそんな場を求めていますし、なければ自分で作るしかないかなと思っています。まずは読書会から出来れば楽しいかなと。

 
僕が本を読むことを勧める理由と読んだらどうなるか?
①本を読むと、戦争や争いがなくなると思います。(無知が戦争を引き起こすから)
②差別意識がなくなります。(相手のバックグラウンドを理解できるようになるから)
③決断や自立が芽生えます(引出が増える、引き出しが増えるので自分で判断し行動できる)
④不安がなくなる(分からないから不安になる。分かれば不安にならない)

ということだと思っています。僕自身が体感したことを列記しました。イスラエルの問題も元々、イギリスの2枚舌外交が引き起こした問題だというのも、本を読めば知ることが出来ますし、人類はアフリカから誕生したと知れば、人種差別も軽減されるかも知れません。すべては無知から引き起こされたことだと思います。

 

価値観採用

 一部の職種で採用活動をしておりますが、能力採用よりも価値観採用で採用出来たらなと考えています。能力は場数で決まる場合が多いと思いますが、価値観だけは変えるのは難しいと感じているからです。


速読

 ここ数日、速読法にはまっていました。1ページを1~2秒で読むという方法です。始める前はバカにしていましたが、これが・・・・、すごい!

 通常、200ページ程度のビジネス書を精読するのに2時間前後かかってしまうのですが、速読法を使うと、わずか30分で読めてしまいました。しかも、精読した時よりも内容をしっかりと覚えている・・・。今まで、がんばって本を読んだのに悔しい位でした。

 きちんと精読した本の内容を覚えているか?と聞かれると、実際には、あまり覚えていませんでした。

 今回、僕が試してみた速読法は、作者の意図、自分が知りたい内容をまず明確にし、ページをパラパラとめくり、頭に映像として記憶し、自分が必要なキーワード、作者が繰り返し言いたいキーワードを抜出し、キーワードに対して、自分の疑問を明確化し、本を再度、知りたい部分だけ読み、明確化するという方法です。すると作者が言いたいこと、僕が知りたいことが、はっきりわかるので、読み終わっても頭の中に正確な内容が入っている状態になります。

 本のすべて読んでいないのに、本を理解できるの?という意見も出ると思いますが、自分自身が精読しても、ほとんど本の内容が入ってこないことを考えると、先に目的を明らかにして、本の言いたいことだけを読んでしまうのはある意味、正しい読書なのかも知れません。

 速読おそるべし・・・。フォトリーディングという手法です。経済評論家の勝間和代さんも絶賛していましたね。早くやれば良かった・・・。会社の研修で使おうかな。

誤解

たまにこれって私のことですか~?僕のことですか?とブログの内容を聞かれることがありますが、大抵、聞く人には、ブログの内容は該当していません。このブログを見ていない人に書いていると思っていただいて構いません。

自分?って思える人、前向きに生きている人は、きちんと自己分析が出来ていると思いますので全然、問題ありません。

書き手の真意と読み手の解釈が違うのはある意味、人の奥ゆかしさを感じてしまいます。

お気軽にお問い合わせください。ホームヘルパー・ケアマネージャーの派遣やデイサービスについて、ご質問・不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。電話番号ご利用者様の方(介護タクシー・その他) 045-762-2181/法人様・求職者の方 045-762-0851

メールでのお問い合わせはこちら