経営理念・行動指針

ホーム > ブログ > 2015年10月

本を読んで

 ある人に意見を求められて、北野武著 「新しい道徳」を読むよう、ご指示がありました。 僕の感想はこんな感じです。

内容としては、小学校で行われている道徳の内容に疑問を持ち、個々の価値や哲学、時代に合わせた考え方に変えるように提案している本でした。内容は平易で2時間程度で読めるかと思います。10万部程売れているみたいですね。

ちょっと気になったのは、本人が書いたのだろうか?高度な言い回しが多数ありました。以前の彼の本を読めば分かりますが、書き方はとても平易に口語体で書かれた著作が圧倒的に多いので、もし、本人が書いたとしたら、人生観が変わってしまったのかな?と心配になりました。

また、道徳に対して新しい提案がありましたが、提案内容が曖昧だったので、もう少し、新たな道筋や背景を示してあげると、より共鳴・共感出来るのではないだろうか。

そもそも、道徳の定義は、拠り所やルール、行動規範・国民のアイデンティティーのことだと思います。本来、宗教が伝えていくのですが、日本は無宗教状態です。日本には神教、仏教がありますが、敗戦の結果、排除されてしまいましたし、戦時中も国威高揚に利用された苦い経験がある為、無宗教状態になってしまいました。フランスなどはキリスト教があり、日曜日に教会へ行くので、自然と道徳教育が出来ています。

拠り所でいえば、地域や会社、学校、友達等が挙げられますが、少子高齢化、終身雇用の崩壊、SNSの発達により、生身の拠り所は消滅寸前になっているのが現実です。日本人としてのバックボーンを育成する場所がないのに、道徳自体を完全否定し、個々に考えを求めるのは、暴論だなと感じました。先程、例に挙げたフランスはキリスト教がバックボーンにあり、かつ個々の生き方に関しては自由を尊重し、謳歌しています。まさに著者が言いたかった、お手本がフランスにありますが、バックボーンあっての個性だということを著者には理解をしてもらいたい。

また、フランスの国旗は自由・平等・友愛を意味しており、国民のアイデンティティーに深く刻まれている。アメリカ建国にもフランスは深く関わっており、アメリカの自由の精神にはフランスのアイデンティティーが刻まれている。

長い時代、血を流すような色んな背景があって自由や個の尊重が生まれると考えると、日本も時間がかかるのではないだろうか。

今、日本人の拠り所はfacebook,、LINE、メールなのかも知れません。人と繋がれるし、新しい形のコミュニティーなのかも知れません。本来、宗教や道徳で行うことをSNSが補ってくれているのだと思います。著者は恐らく、SNSを知らないので、その辺りの背景にも不勉強なんだなと感じてしまいました。

提案としてはとても良いのですが。


面接

 採用面接を随時行っています。主に2次面接を担当させてもらっていますが、当社や介護業界を志望する求職者(若者に限定)の感性や考え方等が、10年以上前と今を比べると、かなり変わっている様に思えました。

 起業当時は介護職=3Kとされ、一般の若者からは敬遠されていましたが、今では大卒の若者が当社への就職を希望することが普通になりました。背景には大学進学率の大幅な上昇が主な主因だと思いますが、同時に職業として介護職を選択することが一般に浸透したこともあるのかも知れません。

 起業当時は性格が荒っぽい若者や性格に難がある若者の面接が圧倒的に多かったのを記憶しています。(当社には何故か元ヤンの求職者が多かった。)介護なら受かるだろうと思う若者が当時は多かったのだと思います。今は、物腰がやわらかい求職者しか見かけなくなりました。むしろ、荒くれ者がいなくなりました。大人から見ると物足りない若者が増えた思うかも知れませんが、高齢者にとっては、心が純粋で優しい人の方が安心ですので、業界的には、今の若者というのはとても良い人達なんですね。

 面接一つ見ても時代が反映されているなとしみじみ感じてしまいました。

運だよな・・・。

人に能力の違いがあるのか・・・。僕の意見としては大差はないと思う。理由として、色んな人を見ていると、結局は能力ではなく、運だと思う。どんなに優秀でも、運がつかめなければ、活躍することはないだろう。僕自身、そんな人を何にも知っている。
また、大富豪の子息として生まれれば、ある程度の能力があれば、自分よりも能力がある人よりも活躍することも可能だと思う。だが、世の中ではそんな分析をする人も少ないので、そのような育ちの人はおだてられ、ついつい実力と勘違いしてしまう。

業種によっては、収入が良いところもあれば、自分の働きがいくら良くても、景気が悪い業種にいれば、実力に伴わない評価となるだろう。
つまり、運。運をどうつかむのかを常日頃考えることが大切なのかも知れません。

本来は実力をつけることも大切だが、世の中、結局、運でしか説明できないことが多すぎると思いませんか?
そう考えると、様々な分野に興味を持つのは大切なことなんだと思う。
自分に能力がないとか、人と話が合わない、会社で上手くいかないことを卑下し、現状を打破する為に居心地が悪い場所で己の体や精神を粉骨砕身するよりも、自分自身が冷静になって、運がそこにあるのかを見極める方が大切だと思う。

手前味噌の話だが、僕は、この環境に居たらダメになると思い、会社を辞めました。この状況下では僕には運がないとその時に直感で感じたのだと思います。運を高める為には・・・、人と会うか、旅行にいくか、本を読むか。その3つで刺激と環境を変えるしかないような気がします。




生きるのか生かされているのか。

 施設に入居されている高齢者を見ると主体的に生きているよりも、生かされているように見えてなりません。皆さん、そうおっしゃいます。いやいや、実は僕らもそんな高齢者と同じだと僕は思います。

 何も考えず、人、親が決めた道、人が良しとしている道を何の疑いも無く、何の感情を抱くことなく、毎日、不満を何一つ言うことなく、ただ漫然と生きている。生きるって、もっと生臭く、かっこ悪い生き様なんだと思います。僕らと前述の高齢者と何の違いがあるんだろうか?何も変わらない気がする。いつも誰かに頼り、自分で考えようとしない。そして自分から何もしない。だから、我々はこれからも何も出来ない。そこにいる高齢者は明日の自分だと思わないといけない。だからこそ、日々、自分で歩む必要がある。それが、人生の最後に表れる。だからこそ、高倉健さんの言葉が心に染みてくる。

 ヘミングウェイのキリマンジャロの雪には、こんな記述がありました、肥えたヒョウになるくらいなら、キリマンジャロの麓で凍った豚になりたい。自分が自分として生きる。生きるって大変だけど、どうせ生きるんだったら、自分が主人公で生きていきたいですよね。



 

 

染みる言葉

 ここ数日、本を整理しながら、色んな本を読み直していると、昨年11月に亡くなられた、本の文章の中から高倉健さんが残した言葉を発見しました。

 「往く道は精進にして、忍びて終わり、悔いなし」

 人間としての運命と高倉健さんの生き様を表した深い言葉に、何とも言えぬ想いを感じました。苦労を知らない人には理解出来ない言葉かも知れません。コスパ、合理化、SNSでの自己PR大好きで自己中心的な現代っ子にも理解が出来ないかも知れません。

 僕は自分自身で問答している時に、この言葉をつぶやくと冷静さを取り戻し、生き抜いてやろうという感覚にしてくれます。光り輝く世界にいる訳でもなく、決して楽な人生を歩いている訳でもなく、将来が約束されている訳でもない、決して、平坦で楽ではない人生を悩み苦しんでいる、それが人間なんだと、この言葉がそう教えてくれている様な気がします。

 高倉健さんの様な、地位や名誉等、全てを手に入れていると日本中から思われている様な人でも、常に苦悩し、そして精進をし、最後の最後まで忍ぶことで人生を終えていく。まさに市井の人と同じ想いなんだなと。普通に生まれ、誰に評価されることも無く、誰に知られることも無く、歴史に名を残すわけでもない我々と同じなんだなと。

 人間の生き様を知る言葉だなと思います。高倉健さんの辞世の句とも言えるかも知れませんね。


お気軽にお問い合わせください。ホームヘルパー・ケアマネージャーの派遣やデイサービスについて、ご質問・不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。電話番号ご利用者様の方(介護タクシー・その他) 045-762-2181/法人様・求職者の方 045-762-0851

メールでのお問い合わせはこちら