経営理念・行動指針

ホーム > ブログ > ビックカンパニーかグッドカンパニーか?

ビックカンパニーかグッドカンパニーか?

会社を大きくしたいという議論になると、話を聞いた相手が、大きくすることが大切なのか?良い会社にするのが大切なのか?といずれかを選択させる様な質問をする。僕からすれば愚問だ。そういう質問をする人にはヘーゲルの弁証法を一読願いたい。(本人の目の前では言えないが・・・)

僕は、理念や想いに沿って、どうしたいかを決めてきたつもり。大きくしたいとか良い会社と言う前に、どういう会社にしたいのかが先だった。僕は、「どんな人でも平等に生きる権利を持って欲しい」、「小さな一歩でも良いから、若者で社会を変えたい。まずは一丁目一番地から」という想い(理念)で走ってきた。

想い(理念)を実現する為には、大きさが必要なのか?内容が必要なのか?その時の内容によると考えている。僕は大志を抱くことや世の中に貢献したいという気持ちが大切であり、自分を突き動かす原動力だ。大きさは結果論だと思っている。
そして、同時に、その仕事に夢を抱けることが大切なんじゃないかな?と僕は思う。

夢が抱くことが前職では無理だった。福利厚生が良いとか、給与が良いとか、そんなものでは自分の夢には当然なり得なかった。出世して役員や社長になることも真剣に考えたが、自分の一生や若さをそこに投資するに値しないと思った。夢ではご飯は食べれないが、夢があれば元気にはなれる。

田舎の営業所(出張所レベル)で来る日も来る日も、夢も希望も捨てて、営業成績だけを追い求めていた時よりも、無給だけど、介護タクシーを通じて、世の中に新たなサービスを吹き込んで、社会変革をしている自分はとても誇らしげでした。大きさや内容なんかどこかに吹き飛んでいました。今、ここにフォーカスを当てて、歓喜し、熱狂していた。

今も新たな熱狂を見つけ、歓喜しているところです。






お気軽にお問い合わせください。ホームヘルパー・ケアマネージャーの派遣やデイサービスについて、ご質問・不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。電話番号ご利用者様の方(介護タクシー・その他) 045-762-2181/法人様・求職者の方 045-762-0851

メールでのお問い合わせはこちら