経営理念・行動指針

ホーム > ブログ > 映画化

映画化

三島由紀夫の「美しい星」が来年映画化されるという本の帯を見て、買って読んでみました。悲しいかな・・・・、ヘルニアを再発しまして、数日間、自宅待機となってしまいました。時間を持て余していたので、一気に読みました。内容としてはSF小説とは言えず、途中、カラマーゾフの大審問官を思わせるシーンもありましたが、三島節で読むには辛く・・・、彼の当時のキーワードが色濃く反映されていた作品でした。金閣寺や豊饒の海が出来が良かったので、仕方ないかな。映画化はどうやって行うのだろう・・・・。

SF小説だと、かなり古いですが、アーサー・C・クラークの「幼年期の終り」が古典的なSF小説かつ入門的な内容でおすすめです。

今年の芥川賞の村田沙耶香さんの「コンビニ人間」も自宅療養中に同時に読みました。毎年、残念な作品が続いた中、久々に構成や内容で面白いと思いました。本を読み慣れていない人でも1時間~2時間位で読めるので、おすすめです。男性の性への描写は僕は甘いかなと思いましたが・・・女性からの視点としては良いのかな。


お気軽にお問い合わせください。ホームヘルパー・ケアマネージャーの派遣やデイサービスについて、ご質問・不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。電話番号ご利用者様の方(介護タクシー・その他) 045-762-2181/法人様・求職者の方 045-762-0851

メールでのお問い合わせはこちら