経営理念・行動指針

ホーム > ブログ > 2017年5月

あきらめていく

若かりし頃は、無限の可能性を求め、もがいていたはずなのに歳を重ねると妥協をしたり頂上を極めた気分になったりする。妥協することも頂上を極めることも、結局は人生の上がりであり諦めてしまったと同義だと思う。

自分は、全てに歓喜、熱狂し生きていたい。すべてに後悔したい。どこかで分かりきったような生き方だけはしたくない。まだ諦めたくない。
だから自分を追い詰め、追い込んでいる。他の経営者からすると偏狭、異質だと言われても構わない。どこかで狂っていたいのだ。バランスを欠いた位が丁度良いのだ。


ヘミングウェイを読んでいたせいかな・・・・。人は何かの影響を常に受けながら生きながらえているんだなと思う。

吉田松陰

勉強会の講師と歴史の話をしていると、吉田松陰の言葉を教えてもらいました

「古を執りて今を論じ難ければ皆空論なり。」

訳 昔の事例をもって、今のことを論じることができないのであれば、皆無益な議論である。

今や未来を論じる時に、過去の故事を引用したり、歴史から今や未来を考察するのが大切だと、違う勉強会で講師をしてもらっているライフネット生命の出口会長も話していました。僕もそう思います。吉田松陰も同じことを言っていたのかと思うと、人間は進化しているようで基本は昔と変わらないのだなと思いました。


浜離宮恩賜庭園

最近は、週2回程度、都内に仕事で行きます。時間が空いたので、浜松町から歩いて、浜離宮に行きました。20年前に行こうと思ったんですが、工事中で入れず、就職で地方に行くことになり、行く機会が無くなってしまいました。起業の為に横須賀に17年前に帰ってきたんですが、横須賀から都内に行く機会があまり無かったので、行きたいなと思いながら、20年想いを温めてきました。

東京湾沿いを歩いていると、20年前に見たキラキラしたバブルの名残は消え、2020年に向けた東京の新しい姿に変わりつつありました。寂しさと期待を胸に抱きながら、しばし散歩を楽しみました。(時の流れは時に残酷だななんて、センチメンタルな気分になりました。)

新橋、浜松町からちょっと離れていますが、ここまできちんと整備されている庭園は素晴らしい。あとは20年前に昼寝ばかりしていた庭園美術館に行くことが当面の目標です。(5年前に久しぶりに行ったのですが、去年行ったら庭園が工事中だったので・・・。)

ランチェスター戦略

毎週、金曜日にランチェスター戦略の勉強会に参加することになった。ランチェスター戦略のインストラクターをもっている知人をけしかけたところ、やりましょうということに相成りました。場所が都内なので、若干、時間がかかるが、最近は週2回~3回ペースでいくことも多いので、慣れてしまった。

和製戦略として、「ランチェスター戦略」はあまりに有名なので、多くの経営者が一度は耳にしたことがある言葉だと思いますが、実際に本格的に勉強をするのは、私は初めてでした。端的に言えば「1位戦略」且つ「弱者戦略」ということなのだが、著名な経営者は、おのずと「1位を取ること」と「競合」を意識して、勝ち上がっているので、結局はランチェスターへ帰結するのだなと妙に勉強会の中で納得をしてしまった。

1ヶ月~2ヶ月程度の勉強会になるが、何とか乗切ろうと思う。

疑似体験

本のよい所は、疑似体験が可能だから。恋愛小説を読めば、恋愛した淡い気持ちになれるし、SF小説であれば、宇宙に想いを馳せることが出来る。そして、人間の根本が愚かでどうしょうもないことを早々と知ることが出来る。

綺麗ごとばかり言って、人の所業を非難する人(週刊〇春等を読んで)は、自分は完璧だとでも思っているのだろうか・・・。男の愚かさを知りたければ、伊勢物語を見れば一目瞭然だ。選民意識がどれだけ人に災いをもたらすかを知りたければ、罪と罰を読めば、人間なんてそんなもので、次は自分も・・・と自制が生まれるはずだ。

ITがあり、世の中便利になり、人が優秀になっている様に思えるが、実は大切な何かを僕らは見失っているのかもしれない。

それは、僕が思うには、人間らしさだと思う。獰猛さや人間臭さい部分が無くなった時に、僕らには何が残るのだろうか?

本は僕にその問答をしてくれる相棒だ。


お気軽にお問い合わせください。ホームヘルパー・ケアマネージャーの派遣やデイサービスについて、ご質問・不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。電話番号ご利用者様の方(介護タクシー・その他) 045-762-2181/法人様・求職者の方 045-762-0851

メールでのお問い合わせはこちら