経営理念・行動指針

ホーム > ブログ > 人生100年?

人生100年?

母が昨日、入院した。1ヶ月程度の入院になったのだが、色んなことが重なったのだろう。彼女の人生を考えると、我慢することしか出来なかったのだろう。
もっと早くに気付いてあげれば、大したことにならなかったことが悔やまれる。

退院後のリハビリや家の整備等、課題が山積みだが、『困難は分解せよ』とは、かのデカルトの言葉だが、一つ一つ課題をクリアするしかないだろう。

父も母もおそらく短命なんだろうなと、フト頭によぎってしまった。ゴーギャンの言葉を借りれば、我々は何処へ向かうのだろう・・・。

姉の件、父の件、母の件と同時に降りかかっているので、さすがに自分もお手上げ状態なのだが、自分には会社のかじ取りもあるので、出来ることが限られてしまう。出来る限り、人の力を借りながら、対処したいと考えている。

人生100年時代だと叫ばれているが、本当か?と母や父の事案を見ていると感じてしまう。

健康に対するリテラシーは、学歴や収入によって比例しているからだ。学歴が高ければ、それなりの知識や学習意欲があり、知的な活動を通じて、健康に関する様々知識を習得する。学歴を伴う、収入の高さにより、文化的且つ健康的な生活を送ることが可能となり、結果として寿命が長くなるのではないだろうかと推論する。

100年生きると仮定すると、財政上の問題から公的な保険だけでは全ての生活費を賄うのは難しく、人生のどこかで、学校に通い直したりするなど、新たな知識を吸収するか、自分のスキルを磨き直す必要が出てくる。一生涯生び続けないと、100年生きることが苦痛であり、困難となってしまう。






お気軽にお問い合わせください。ホームヘルパー・ケアマネージャーの派遣やデイサービスについて、ご質問・不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。電話番号ご利用者様の方(介護タクシー・その他) 045-762-2181/法人様・求職者の方 045-762-0851

メールでのお問い合わせはこちら