経営理念・行動指針

ホーム > ブログ > 哀悼

哀悼

暗い話ばかりですみません。

昨日、愛犬のミニュチュア・ダックス:名前はぺぺ(会社のイメージキャラクターとして活躍中)、交通事故により11歳11か月の天寿をまっとうしました。
我々の不注意が原因でした。昼時に事故は発生しました。ちょうど私は会社にいたので、一報を知らされて、かかりつけの動物病院に運ばれたと連絡を受け、慌てて駆けつけましたが、即死でした。

エンジェルケアをされて、対面した我が愛犬は、今にも飛び跳ねそうな、ぺぺでした。僕は愛犬に対しては誰よりも、何よりも大切にしてきました。自分の命を投げ出しても愛おしい唯一無二の相棒でした。その愛犬を一瞬にして失ってしまい、感情がおかしくなりそうでした。毅然と向き合っていましたが、家に連れて帰り、硬直していく我が子をさすっているうちに、もうこの世にいない現実を知りました。当事者を責めることも出来ず、しかし安全管理を怠っていたことを知り、愕然としました。そりゃ、交通事故に遭うよ・・・・。その扱い方に、嫌悪感を覚えたのも事実でした。ただ、悪気が無かったのは知っているので、責めることは出来ませんでした。

毎年、健康診断を受けさせ、手作り食を食べさせ、誰よりも大切に育ててきたので、事故死だけは避けて欲しかった・・・・。

覆水盆に返らずとはこのことか・・・。母親が重篤な状況の為、もしもの為に、遺影を探していた矢先でしたので、まさか元気な愛犬の遺影や葬儀場を探すことになるなんて・・・・・。

ヒヤリハット、重大事故の前には、多くのケアレスミスがあり、それがいずれ重大事故につながると言われています。まさに今回の愛犬の死はそれを教えてくれたのだろうと何か意味があるのではないかと自分に言い聞かせています。
今、自宅のベットで安らかにペペは眠っています。根元から牙も折れ、腰の骨もこなごなになっていたので、直視が難しいのですが、今日でお別れになりますので、ご飯をあげ、さすってあげて、一緒に寄り添ってあげたいと思います。明日の葬儀以降は前を向いて頑張ろうと思います。

本日の朝礼で、愛犬の死と母の重篤を伝えましたが、リーダーとしては失格でしたね。大粒の涙が止まりませんでした。皆様に私の業務を手助けしてもらうことをお願いしました。皆、涙を流しながら、聞いて頂き申し訳ありませんでした。

私と取引や関係がある方には申し訳ありませんが、当面は、会うことも難しく、なかなか業務に集中出来ないと思います。時が過ぎるまで、温かく見守って欲しいと頂けると助かります。我が子を失うと言うのはこのことなのか・・・、辛いですね。


お気軽にお問い合わせください。ホームヘルパー・ケアマネージャーの派遣やデイサービスについて、ご質問・不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。電話番号ご利用者様の方(介護タクシー・その他) 045-762-2181/法人様・求職者の方 045-762-0851

メールでのお問い合わせはこちら