経営理念・行動指針

ホーム > ブログ > 絞りと集中

絞りと集中

自分の中で常に頭にあるのは、『選択と集中』ならぬ、『絞りと集中』である。2つはほぼ同義ですが、『絞りと集中』という言葉は、三枝匡著の『戦略プロフェショナル』や『ザ・会社改造』等の著書で頻繁に出てくるフレーズである。三枝さん自身、金型FA商社のミスミの後任社長となり、年商500億円から4年で2000億円、従業員340人から1万人に変革した経営者として、個人的に師事する経営者の一人なのです。

当時、優良企業としてもてはやされていたミスミ(日経ビジネスでよく見かけました)でしたが、創業社長がこれ以上の規模に拡大出来ないと、当時、コンサルタントしてミスミに出入りしていた三枝さんに社長を禅譲したそうです。

三枝さんがしたことは、本業とは関係がない事業を中止し(絞り)、将来、会社の中核になる事業は中途半端な投資ではなく、人・モノ・金を積極的に注ぎ込む(集中)ことを徹底的行ったことだ。圧倒的な一位になる為、事業を金型のFAに完全集約し、駿河精機をM&Aしたことを皮切りに、中国への海外進出を大胆に行ったことが大きな成長をもたらしたと記憶しています(間違っていたらごめんなさい)。

分かっているんですけど、この『絞りと集中』が怖くて出来ないんですよね。100人中99人の経営者は出来ないと思います。金型の将来に不安を抱え、創業者は多角化と海外展開を進めていました。通常の経営者が取るセオリーは創業者と同じだと思います。
良くあることですが、多角化や海外展開と言えば聞こえが良いですが、人材や事業への投資が圧倒的に少なく、また、本業とかけ離れているので、相乗効果が薄いと言うのが実情です。

よく経営者が、サイドビジネスで飲食店に進出する例みたいなものです。ノウハウも無く、お金や人も対した投資をしない。結果的に趣味的に経営し、いつの間にか潰しているみたいな・・・(笑) 

GEの元CEOジャック・ウェルチは、中国のメディア事業進出の際には、GEの副社長を送り込んだそうです。本気度が違う。当然、結果が出ました。

介護事業でいえば、色んな事業に手を出すのも、ある意味、絞りがなくダメだとも言える。しかし、ライフタイムバリューの観点で多角化を図っているのであれば、一人の方から様々なサービス利用を受けてもらうことにより、多くの収益を得ることが出来るので、多角化は間違っていない。
戦略意図によっては、解釈が変わるからだ。同じ地域に多角化が出来ているかが、介護事業の肝かも知れない。幼児、発達障害、高齢者と同じ地域でもバラバラに出店すると、何がメインかが見えなくなり、将来的には『絞りや集中』を迫られることになるだろう。もっと危険なのは地域もバラバラなケースだ。

我々の様な凡庸な経営者と異なり、三枝さんは金型こそ、ミスミが生きる道として、先鋭化していく。事業を絞り、集中出来ることは、相当な胆力がある経営者でないと難しい。

自分も今、絞りと集中の決断に迫られているが、答えは出ない。おそらく、答えは出ているのだが。
勝ち目があるかなんて、実は、三枝さんも分からなかったのではないだろうか?マーケットシェアや海外市場成長率を考えると、この道しかないと、決断しただけではないだろうか?

果たして自分に出来るだろうか・・・・。マーケットシェアや市場成長率を考えるとこの道しかないんだよな・・・(笑)

お気軽にお問い合わせください。ホームヘルパー・ケアマネージャーの派遣やデイサービスについて、ご質問・不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。電話番号ご利用者様の方(介護タクシー・その他) 045-762-2181/法人様・求職者の方 045-762-0851

メールでのお問い合わせはこちら