経営理念・行動指針

ホーム > ブログ > 『超』独学法

『超』独学法

野口悠紀雄さんの『超』独学法(角川新書)を読了した。野口さんは1940年生まれだが、ワードプレスを自由に使いこなせるそうだ。(CSSやHTMLを使って修正も出来るそうだ)

しかも独学で学んだらしい。80歳近い年齢を知り更にビックリした。
内容としては、独学の意義と方法論が完結に書かれていて、3日坊主で終わっている自分のモチベーションを高めてくれた。

その中で、有名識者が口を揃えて、言っていることが記載されていた。1つ目は、工業化からサービス業・IT業へ世界的にシフトしている。昔の様にアメリカに追いつけ、追い越せの時代ではなく、自分達で物事を考える時代に変わった。アイデアを生み出す為に、常に勉強する必必要性が高まっている。知識の多さがアイデアを生む源泉であり、AIの時代に変わった場合であっても、知識がある人間がどうAIを活用するかが重要らしい。GAFAの様なイノベーティブな企業は正に知識の集積体である。

とある識者は日本は圧倒的に学歴と教養が足りないと言っていたことを思い出した。GAFAの経営陣の大半は大学院卒、理系、文系のダブルホルダーであり、日本の様に最終学歴が学士では低学歴とみなされるようだ。今の時代ほど、知識の多さを求められる時代はないと識者は皆、口を揃えて言っている。(識者がいう低学歴とは大学の偏差値の高低ではなく、最終学歴の話(修士、博士))


一生勉強しないといけないなんて、嫌な時代に生まれたなと感じる人もいるが、考え方を変えると、下克上が出来る社会と考えることが出来る。

また、勉学によって、地位や収入を増やせる社会は健全であり、生まれによって、能力の有無関係なく、最初から地位や収入があるのはおかしいと記載があった。(そういった意味では日本はまだ健全な社会だそうだ。)

中小企業の社長のイメージは、ロータリーやって、ゴルフして、お酒を飲んでというのが定番だが、時代も大きく変わりそうだ。

お気軽にお問い合わせください。ホームヘルパー・ケアマネージャーの派遣やデイサービスについて、ご質問・不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。電話番号ご利用者様の方(介護タクシー・その他) 045-762-2181/法人様・求職者の方 045-762-0851

メールでのお問い合わせはこちら