経営理念・行動指針

ホーム > ブログ > 講演を聞きに。

講演を聞きに。

作家であり、元外務省国際情報局分析第一課主任分析官だった佐藤優氏の講演を聞きに行った。彼の小説(自叙伝)『十五の夏(上下)』(幻冬舎)を読んで感銘を受けたのが、講演を聞きに行ったきっかけだ。

最近は、気に入った作家がいれば、ネットで調べて講演会や勉強会に参加をする。軽い追っかけみたいなものだ。

講演内容は、『日本と東アジア情勢について』。軍学堂という軍事関連の古書店が主催しているので、ちょっと難しそうな内容なので、参加を躊躇ったが、申し込んでみると、硬派な内容にも関わらず超満員でびっくり。ほとんどが70歳以上の男性ばかりで、場所を間違えたかと思ってしまった。まあ国防関連の古書店主催なので、講演内容は王道の講演テーマなんですよね。小説好きの男性が軍事マニアに囲まれて講演を聞くという特異な感じでした。

内容はそんなに堅苦しくもなく、新聞や雑誌で読んだ内容、自分が読んでいた歴史関連、近現代の書籍知識で理解が出来ました。全体の80%は理解出来ました。ちょっとホッとしました。
講演で気になったのは、教育に関して何度も触れたことでした。佐藤さんは母校の浦和高校や同志社大学で教鞭を取られているそうです。
今の日本は教育の右肩下がりが著しく、今後の東アジア情勢を考えると、教育をしっかりと行わないと、日本国そのものが東アジアの大国に飲まれてしまうという危機感があるそうです。

ふと考えてみると、右肩下がりどころか、今まで日本はきちんとした高等教育を施していない気がする。

私が大学生の時は、入学した1年時はモラトリアムだと勘違いし、教養課程は寝てばかりだったし、2年生ではバイトに明け暮れ、3年生は、旅行三昧、4年生は就活&卒業旅行三昧で勉強はゼミの論文を書いた位。これでは知性や教養は身につかない。今の大学生の方が優秀且つ勉強していると思う。僕の頃の若者は偏差値の高い大学さえ入れば、有名企業に就職出来ると思っていましたし、大学に入って迄、勉強することがカッコ悪いという風潮があった。文系はとくにその傾向が強く、一部の付属上がりの学生が特に酷かった印象がある。多分、授業そのものについていけなかったのだと思う。

大学時代、本は割と読んでいたが、僕の周りは全く読んでいなかったと思う。バブル崩壊後の東京の私立大学は皆こんな感じでした。それが当たり前だと思っていたのが恥ずかしい。

佐藤さんのその他著書を何度か拝読したことがあるが、知識を持つことの大切さ、教養の大切さを毎回痛感する。

『十五の夏』は、『深夜特急』に肩を並べるような名作だと思います。おすすめです。







お気軽にお問い合わせください。ホームヘルパー・ケアマネージャーの派遣やデイサービスについて、ご質問・不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。電話番号ご利用者様の方(介護タクシー・その他) 045-762-2181/法人様・求職者の方 045-762-0851

メールでのお問い合わせはこちら