経営理念・行動指針

ホーム > ブログ > 兵站が伸びすぎた

兵站が伸びすぎた

ライザップの中間決算が発表された。黒字予想から、一転、大幅な赤字、通期でも赤字予想とのことだった。株式市場やステークホルダーや一般の人には青天の霹靂だったかもしれないが、彼らの決算資料を読んでいた人からすると、『やっぱり』という声が多いのではないでしょうか?
2018年3月決算資料を見ると良く分かる。営業利益は136億円だが、キャッシュフローはわずか8,800万円である。つまり、お金が入ってこないのである。利益があっても、現金が無い状態なのだ。M&Aをする為には、資金が必要の為、金融機関から年270億円程度調達している。
現金が入ってこない間も経営が可能なのは、金融機関から資金を調達しているからだと推測される。

なぜ?そんな危ない橋を渡ろうとしていたのだろうか?恐らく、ライザップで課したイケイケドンドンな売上目標を遂行するために、キャッシュフローよりも帳簿上の利益、トップライン(売上高)の拡大を社長自ら推進していたのだろう。
通常の会社であれば、黒字倒産してしまうだろう。優秀な財務担当がいるからこそ、出来る手法だと思う。

今回、問題視されていたのは、『負ののれん』だ。『負ののれん』とは帳簿上の純資産と売却時の純資産の差額を決済時に計上する。

ライザップのM&Aは簿価よりも安く購入しているので、購入益が発生することになる。その利益が営業利益の6割程度を占めていたそうだ。赤字企業の赤字額を、買収益で相殺していたことになる。カルビーCEOから就任した松本さんに『負ののれん』の活用の中止と、赤字企業の膿だしとコア事業(ライザップ)と関係のない事業の整理整頓をするように、瀬戸社長に迫ったというのが今回の大幅赤字の背景にあるようだ。2019年3月期の営業利益には、『負ののれん』を織り込み済みだったらしく、麻薬のごとく抜けられなくなってしまったようだ。(問題として、M&Aをしていない時点で、『負ののれん』を予測し、利益に織り込んでいるのはさずがにびっくりした。)

建売会社やボーリング、CD販売、介護事業等、ライザップの事業とは親和性が低い事業が数多くある、『シティリビング』や『ぱど』のような紙媒体を用いた斜陽産業事業も含まれており、再建力に定評があるライザップでも、一度、整理整頓するのは当然の帰結と言える。

子会社も投資事業の不調等で多額の赤字を出しており、ガバナンスが効いていないようだ。未上場を含めると数年で75社のM&Aを行っているので仕方ない部分はあるが、王道経営で有名なJ&Jの元日本法人社長の松本さんからすると、咎めない訳にはいかなかったのだろう。

今思うと、71歳の松本さんを40歳の瀬戸社長が招聘したのは、伸び過ぎた兵站の整理をしたかったのではないだろうか?瀬戸社長よりも年上且つ海千山千の経営陣や子会社社長に今回の英断を飲ませるには、老獪且つ経験豊かなプロ経営者に頼む他方法が無かったのではないだろうか。

瀬戸社長と私は歳が近いので、そんな苦悩があったのではと推測する。若く能力がある経営者だと思うので、これをバネに飛躍して欲しいと切に願う。


お気軽にお問い合わせください。ホームヘルパー・ケアマネージャーの派遣やデイサービスについて、ご質問・不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。電話番号ご利用者様の方(介護タクシー・その他) 045-762-2181/法人様・求職者の方 045-762-0851

メールでのお問い合わせはこちら