経営理念・行動指針

ホーム > ブログ > 当たり前のことだが。

当たり前のことだが。

投資家のジム・ロジャーズの『お金の流れで読む 日本と世界の未来 世界的投資家は予見する』(PHP新書)を読んだ。当たり前のことの羅列だったのだが、現実逃避している自分を発見してしまった。

内容的には平易で1時間~2時間あれば読了は可能だ。お金の流れと歴史の因果を踏まえて、今後も歴史は繰り返すことを、FACT、ロジック、数字で示している。

日本に対しては、財政悪化、少子高齢化により、国の消滅を危惧しており、我々が考える内容と一致していた。残されている時間はなく、移民を入れること、財政の改善を早急に行うことを提言していた。概ね、海外の投資家は同意見なのだろう。

今後、世界有数の鉱物資源国である北朝鮮と韓国が統合した場合には、北朝鮮の労働力の安さにより、世界から投資が舞い込む可能性が高く、出生率低下で苦しむ韓国と都市化していない北朝鮮は少子化を拒む可能性が低く、結果として人口が増え、高成長が見込める国に変貌を遂げる可能性を示唆していた。金体制をどうするかが不明瞭な為、可能性はどちらに転ぶか分からないが、シナリオとしてはベストだ。
しかも、国家として借金が無い為、国家の更なる繁栄が可能となる。

日本の介護事業にも言及する記述があったが、ジム・ロジャーズは懐疑的な意見であった。当然であろう。介護に係る費用の大半は国民の税金で生み出されているものであり、介護事業の発展は、国民の将来期待へのモチベーションにはなりうるが、国家維持には何も役に立たないからだ。

他の介護経営者様より、新しい事業は何か無いか?と時折、聞かれる。飛び石をして他の事業に手を出すのは禁じ手と言われているが、15~20年後を勘案すると、日本と海外で何か展開出来る事業を構築するのであれば、ベストだと思う。もう一案として、その事業で地区一番になって、最後まで生き残り、残存者利益で生き残るか。

日本の若者がこぞって、日本の有名大学を目指すのは、日本国家存亡の危機が事実であれば、選択として危険なのかも知れない。今、他の人に言っても鼻で笑われてしまうが・・・・。













お気軽にお問い合わせください。ホームヘルパー・ケアマネージャーの派遣やデイサービスについて、ご質問・不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。電話番号ご利用者様の方(介護タクシー・その他) 045-762-2181/法人様・求職者の方 045-762-0851

メールでのお問い合わせはこちら