経営理念・行動指針

ホーム > ブログ > 考えない

考えない

ITの進歩なのか、考えられない人が急速に増えている気がする。働き方改革も良いのだが、最低限の数をこなさないと質に転嫁出来ないのだが・・・。

働く時間を減らし、成果を上げるには、徹底的なマニュアル化、省力化を図るのがセオリーだろう。
マニュアルだけに頼れば、頭を使うことが無い為、機敏に状況に応じて考えられる人が減ってしまう。


熱量を持って、愚直に馬鹿みたいに働くことが馬鹿らしく思え、マニュアル的に能動的に働くことを求められるのは、同じ日本人としても、少々違和感を感じてしまう。ブラック企業と呼ばれる、過重労働は当然、論外なのだが、過度に働くことを制限をするのも難しい問題だ。

労働人口が減る。人が足りない。働く時間に制限がある。最低時給も上がる。強制的に有給を取る。(当然、有給中に人材を用意しなくてはならない)

労働人口が減っても、時間でカバーすることを禁止されてしまう。IT、AIだけでどれだけカバー出来るのかは僕には分からない。
人がいない中での規制は、中小零細企業では、打つ手がない。当社も他社には出来ない事業を付加し、価格的に採算を取れるように事業をシフトし、人的資源の低減を図るしかないと思っている。


予想が出来ると思うが、働き方改革が進めば、中小零細企業の整理統合となるだろう。倒産危機となっても政府のセーフティーネットで幾分か救われる企業が出るだろうが、潰すような政策を出し、ゾンビ企業として再生させるのは、本末転倒ではないだろうか。

大企業へ統合を促し、生産性を上げて国力を強化するのは理解できるが、質が担保出来ず、思考出来る人が大幅に減った日本の企業が成長が出来るのか、働き方改革の弊害は、実は人材の質の低下とも言える。

少子化による学力の低下、ITの進化により、日本人は確実に考える力が低下している。海外から来る労働者の方が意欲があり(生まれた国から来るだけでも物凄いこと)、数か国語の語学も操れる。どう考えても、日本人は負けてしまう。残念だ。



お気軽にお問い合わせください。ホームヘルパー・ケアマネージャーの派遣やデイサービスについて、ご質問・不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。電話番号ご利用者様の方(介護タクシー・その他) 045-762-2181/法人様・求職者の方 045-762-0851

メールでのお問い合わせはこちら