経営理念・行動指針

ホーム > ブログ > 大津市の事件

大津市の事件

2歳の園児2名の方が事故に巻き込まれた。マスコミは園長に記者会見で対応策等を矢継ぎ早に詰問していたが、SNSであらゆる識者が言うように、加害者ではなく被害者側だと思う。

今の世の中、何かあると全て『システムエラー、システム不全』が原因だと対応策や反省を求める風潮が強い。古代ローマでは、人には逃れられない運命があるとされていた。それを『フォルトゥナの輪』と呼んでいたそうだ。我々、日本人は『運命の女神』と呼ぶが、運命の女神『フォルトゥナ』のことを指しているのだ。(引用:Think clearly  著:ロルフ・ドベリー)

絶えず、運命は最高の時期と最悪の時期が入れ替わることを『フォルトゥナの輪』と呼ぶそうだ。ヒューマンエラーさえなければ、避けられた事故だっただろう。しかし、離見の見で言えば、システムエラーではなく運命と呼ぶしか遺族や故人は浮かばれない。

我々はテクノロジーや科学の進歩により、リスクは自分達でコントロール出来ると過信し過ぎているのかも知れない。その過信や誤解が記者会見での背景にあったように思える。

ご冥福をお祈り致します。

お気軽にお問い合わせください。ホームヘルパー・ケアマネージャーの派遣やデイサービスについて、ご質問・不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。電話番号ご利用者様の方(介護タクシー・その他) 045-762-2181/法人様・求職者の方 045-762-0851

メールでのお問い合わせはこちら