経営理念・行動指針

ホーム > ブログ > 調査

調査

田浦デイサービス周辺の商圏及び介護タクシーの新たなエリアに加わった逗子・葉山エリアを調査してみました。
横須賀は行政センター毎で人口を把握しており、田浦デイサービスの場合には田浦行政センター及び逸見行政センター管轄となる。人口2万8千人。追浜行政センターだけで3万1000人もいるのだが(横須賀でも一番の人口密集地)、その分、デイサービスの数も多く、競争が激しい。2025年の団塊世代の後期高齢者が増えることを見越して、行政も病院に急性期から回復期への移行を進めているので、デイサービスのリハビリも今後は有用な一つになると思われる。

田浦は過疎化が進んでいるのだが、高齢化も同時に進んでいる為、サービスとしては有用だろうと判断。14歳まで住んでいた田浦月見台まで歩いてみたが、かつての我が家の横にある田浦月見台市営住宅は新規受け入れを停止しており、閉鎖が決定しているようだ。自分がかつて住んでいた場所が過疎化していくのは、なかなか受け入れ難い。ついでに月見台住宅内を歩くと、昭和50年代に過ごした小学校時代のままで時が止まっていることに懐かしさを覚えた。ただ、その頃、共に喧嘩をしたり、笑ったりした人達は誰一人もここに住んでいない現実に寂しさが心に沁みた。

逗子・葉山に関しては、市内・町内に中核病院が無い為、市外、町外への通院で、当社をご利用して頂くケースが増えそうだ。市外となると横須賀・横浜方面になる為、どうしても金額的にも高額となってしまうのだが、所得も高い方が多い為、依頼ニーズは多そうだ。

横須賀と違い、過疎化とは無縁の町だが人口は双方合わせて8万人程度で、ここ数年は横ばいの人口だ。市民や町民の所得の高さとは、反比例するように医療サービス、介護サービスが都市部と比べ、全て揃っていないのが、長年の課題と言われている。中核都市である横須賀市には、西部地区には市民病院、中央地区にはうわまち病院、横須賀共済病院と病院が揃っているので、医療・介護に関しては一定の水準を保てていると思われる。ロケーションも大事だが、医療・介護サービスの水準も移住や居住条件として考えなくてはならない。

おそらく、軽井沢などの避暑地と言われている地区でも逗子・葉山の様に住民サービスが所得と比例していない可能性が高い。

国民全体が若い頃には、考えもしなかった介護サービスだが、今後は在宅介護サービスで街を支え、街全体が老人ホームの様に様々なニーズをとらえていかなくてはならない。横浜の様な都市部と違い、逗子・葉山、横須賀では対応が異なることが町を歩いてみると良く分かった。




お気軽にお問い合わせください。ホームヘルパー・ケアマネージャーの派遣やデイサービスについて、ご質問・不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。電話番号ご利用者様の方(介護タクシー・その他) 045-762-2181/法人様・求職者の方 045-762-0851

メールでのお問い合わせはこちら