経営理念・行動指針

ホーム > ブログ > 利用者様

利用者様

我々の業界では、お客様を利用者様という。医療が患者様と言うのと同義だ。お客様というとケースにより定義がおかしくなる為、左記の様な呼び方になっている。

美容師業界は辞めて独立すると、お客様ごと持って行ってしまうそうだ。業界の慣習ではないが暗黙の了解ようだ。難しい問題だが辞める美容師について行くか否かは、お客様の判断と言われている。

実は訪問介護業界も上記と同じ問題を抱えている。違う会社に移る、自分で会社を興す際に、自身が担当していた利用者ごと連れて行ってしまう。はたまた利用者様だけでなく、スタッフごと連れて行ってしまう。会社的には連れ去られてしまうのだ。

去年、退職するスタッフにより、ヘルパー・利用者ごと転職する会社に持っていかれてしまった。そもそも病気が原因で就労が出来ない為、退職をしたいという申し出だったので、あとで違うスタッフから聞いて卒倒しそうになった。不運なのか、今月も同様に退職するヘルパーの転職先に利用者を持っていかれてしまった。良い悪いはないのだが、利用者様は担当ヘルパーのものなのか?スタッフのものなのか?という疑問がよぎる。担当ケアマネージャー様も利用者様が担当ヘルパーが良いからと言われてしまうと、拒否出来ないそうだ。業界的にそれは悪習であり、担当ヘルパーが情報を悪用していることだと認識すべき時期に入っているはずなのだが・・・。


先程の私たちの疑問に対する答えは右記になると思う。その行為は、人間として正しい行いだろうか?

正しい行いだと思えばそれで良い。又、自分でなければ、最高のサービスを提供出来ないと思えば、利用者様もついて行くのは仕方がない。ただ、そんな事の大抵は自分の思い上がりだ。独立するのに手っ取り早いとか、そんな私心があるだけだ。


我々は、このようなことが起きるたびに、常に人として正しい行為を全力でしたのだから、過去は忘れて、前を向こうと常にスタッフに伝えている。我々は恥ずべき行為を何もしていないので、堂々と街を歩けるのだ。それで良い。いやそれが一番大切なんだと思う。


お気軽にお問い合わせください。ホームヘルパー・ケアマネージャーの派遣やデイサービスについて、ご質問・不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。電話番号ご利用者様の方(介護タクシー・その他) 045-762-2181/法人様・求職者の方 045-762-0851

メールでのお問い合わせはこちら