経営理念・行動指針

ホーム > ブログ > どうなるのだろうか?

どうなるのだろうか?

医療・介護・福祉の業務はテレワークが不可能な職種だ。テレワークは出来るが、現場に行かなくてはならない。その為、通常通りの運営を行っている。

売上を持たないバックオフィス業務の人はテレワークは可能だろうが、全体の何%だろうか?政府は接触を7割減らせと言うが、そこまで減らすとなると、医療等を除き全てを完全休業しないと無理だろうと思う。

補償も雀の涙。受けられるか不明な給付金。自分達で頑張って飢えをしのいでくれ。政府は命令はしたが責任は取りませんとしか聞こえない。

上場企業だってこんな不安定な状況が続けば、経営の維持は不可能だ。30年返済だと腹を括って国民の生活を補償すべきだ。

ふと疑問がある。炎上覚悟で書くのだが、そもそも春節で中国からの感染者が日本に来日してしまったのが当初の原因だと言われているが、航空会社の知り合いからは10月の段階で武漢では変な風邪が流行っているから気を付けろと言われた。10月頃から新型コロナが発生していたとすると、去年の秋から年末までに日本に相当数感染者が入り込んでいても不思議ではない。これから爆発的に感染者が増えると言っているが、すでに相当数いたのではないか?検査もしていない、新型コロナという病名も無い中でかなりの人が罹患していたとしても不思議ではない。治りづらい風邪が年末年始に多発していたと様々な人がSNSに書き込みをしているのも一つの証拠だろう。

勝手な仮説をもう一つ言えば、ヨーロッパとアメリカで発生している新型コロナの型と日本の新型コロナの型が違っていることはないだろうか?死亡者数がアメリカやヨーロッパ並みに爆発的に増えていれば、同じ型であり春節後からの爆発的な罹患が原因と言えるだろう。

オーバーシュートが起こるとも言えるし、すでに相当数罹患者数がいて、爆発的に発生しないかも知れない。2か月後~3か月後には結果が出ていると思うが、いずれにしても、今の政府対応では経済は大変なことになっているだろう。

政府はコロナが終息した後には、経済をV字回復させると言っていた。経営学的にはV字回復はホッケースティックと言うのだが、達成するには難易度が高い。谷が深く続く局面や底を横ばいに進むケースが多いのだ。上昇局面までには2年~3年かかる心づもりで取り掛かる必要がある。本当にどうなるのだろうか?

お気軽にお問い合わせください。ホームヘルパー・ケアマネージャーの派遣やデイサービスについて、ご質問・不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。電話番号ご利用者様の方(介護タクシー・その他) 045-762-2181/法人様・求職者の方 045-762-0851

メールでのお問い合わせはこちら