経営理念・行動指針

ホーム > ブログ > 当たってしまった

当たってしまった

数年前に2020年~2025年に日本の経済は破綻し、財政破綻する。と某メーカー主催の勉強会で講師を担当した際に高々に予言してしまった。聞いていた人の大半は呆れて聞いていたと思うが、健全な危機感を持ちましょうと喧伝する為にあえてセンセーショナルに仮説を立てた。しかし当時の僕は本気でそうなると思っていた。生き残り戦略として不採算部門切り離し&事業統合を実行した。(単に利益が出ないからなのだが・・・)

そして2020年を迎えて、まさか疫病が理由で日本が破綻しかける事態になるとは予想していなかった。予言を当ててしまった。その時の資料を読み返しているが、今でも有用な資料だ。

介護保険はコロナの流れもあり、今後はさらに厳しい保険算定になる可能性が高い。何度も言っているが一定の資本力又は地域での独自性が無い事業所は運営が難しくなる。利益性を取るか、規模を取るかを選択出来ない介護事業所は、地域の会社と統合するか、事業の見直しを考えないと難しいと思う。コロナでその選択が早まってしまった。不況になり失業者が増える為、人材獲得は容易になるが、実際の保険収益が年々厳しくなる為、今の事業を維持することは難しいと考えている。

とはいえ、介護事業がダメなら、障がいだ。障がい者グループホームだ。と事業を横展開しても膨大に膨れ上がる労務管理と異なる事業の管理費用(バックオフィス)がかさみで大した収益は出ない。(当社が広範囲(山梨・静岡・神奈川全域・東京)で複数の事業展開をした時期があり、実体験だ。)

小さな会社が実行できる戦略は少ない。一点突破出来る事業が生み出せるか、小さなセグメントで良いので圧倒的な一位商品を生み出せるか小さな会社の戦略だ。

しかし、官製産業である介護事業で一点突破商品を生み出すのは構造上難しい。一位を取るエリア、競合に打ち勝てるエリアに事業を集約することが戦略として唯一使える。当社で言えば横須賀は大手の進出が無く、エリア的に境界線が山等で明確な為、他の行政区からの進出もない。商品が優れているのではなく、一位を取れるエリアとして戦略を考え運営をしている。それもたまたま、運が良かっただけだ。他社の相次ぐ撤退で当社が勝手に上位になっただけだ。残存者利益と言う奴だ。しかし、横須賀の違う事業は競争が多く、他社へ譲渡した。当社の主力事業がたまたま競争優位になっただけなのだ。運に感謝するしかない。


お気軽にお問い合わせください。ホームヘルパー・ケアマネージャーの派遣やデイサービスについて、ご質問・不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。電話番号ご利用者様の方(介護タクシー・その他) 045-762-2181/法人様・求職者の方 045-762-0851

メールでのお問い合わせはこちら