経営理念・行動指針

ホーム > ブログ

年齢差

RIZAPのCOOに現カルビー会長兼CEO松本さんが就任することが新聞発表された。就任理由は年齢差が離れている為、瀬戸社長と揉めない、息子や孫ほどの歳の開きがあり、喧嘩にならないことを理由にあげた。

そういえば、ライフネット生命の出口さん(現立命館アジア太平洋大学学長)も創業時に30歳程歳が離れた岩瀬現会長をパートナーに選んだ。理由も上記と同様に、ある程度の年齢差があると仕事で揉めないことを理由に挙げていた。(出口治明著『働き方の教科書』)

年齢差が少ないと、特に男性の場合にはぶつかるケースが多々あるというのが世の通説のようだ。







リクルートサイトが完成しました。

当社リクルートサイトが完成しました。



理解力、読解力

『美しい国日本』、『KY』等、抽象的な言葉が世の中、結構たくさんある。

美しい国とは、何を指し、何を目指すのだろうか?坂の上の雲ではないが、富国強兵といった明確な国家の在り方、方向性が有る訳でもなく・・・・。2025年に向けて、美しい国を目指して頑張ろうと言われて、何を頑張るのだろうか?僕には理解が出来ない。

それを鼻で笑う風潮もなく。お互いの理解力、読解力がいい加減になってきた証拠なのだろうか。


ピーター・ティール

ペイパル創業者、テスラ、スペースX、フェイスブックの投資家として有名な、ピーター・ティールの書籍を読んだ。
ピーター・ティール『世界を手にした「反逆の起業家」の野望』【飛鳥新社】

IT事業を単に運営するのではなく、世の中に無いもの、0から1になる事業、n+1ではなく、あくまで0から1の2進法にこだわりをもっているそうだ。投資手法や考えた方は、我々凡人には理解が出来ない部分があるのだろうが、彼の原理原則を知ると、とても哲学的でロジカルだ。

孫正義さんも同じ手法で、ファンドを組成して、テック財閥を築いているが、考え方、手法は同じ様に見えた。

日本人が同じ様に伍する為には、教育を変えないとダメかも知れない。詰込み型をやめて、思考を大事にしないと、国を代表するようなイノベーターは生まれない気がする。メルカリ、サイバーエージェント、GMO・・・、どれだけ夢と希望があり、世の中を激変させるだろうか・・・。

どの企業も時流ではあるですが、人々を救うようなビジネスモデルでもなく、どこか革新性がないのは、教育の問題な気がしてならない。

という私も超凡人なので、二番煎じなのですが・・・・。


さっぱり分からない

1980年~2000年生まれの世代をミレニアム世代と呼ぶそうです。年齢で言うと、18歳~38歳にあたり、意外とレンジが広い。世界中の企業がマーケティングに力を入れている世代です。

当社採用世代に当たるのですが、自分の世代とのギャップ感があり、面接及び採用でも、彼らの機微を理解してあげることが出来ないのが当社の悩みどころです。


ミレニアム世代を日本の中で言いと、一人っ子が多く、親や祖父母からの愛情をたっぷりと受けた人が多く、少子化の影響で、競争も無い為、結果、打たれ弱く、他人との争いや主張を好まない世代だそうです。

私が生まれた環境と比べると差は歴然です。200万人超の世代に生まれ競争だらけだった。同じ日本人でも、文化や育ちに大きな違いがある。確かに双方が分かり合うことは難しい。我々サイドがロジカルにルール化をしない限り、ニュアンスで分かり合えるというのは錯覚に過ぎないのだ。

ただ、時代が変わったからといって、そんなに人の本質は変わらない。おそらく1万年前から変わらないはずだ。その証左もある。

普遍的に人は、いつの時代も元気で愛嬌がある人を好む。ミレニアム世代は真面目で冷静な人が多いと聞くので、まさに対極と言えるだろう。

古典にもこんな記述がある。

源氏物語【帚木】の中で、左馬頭が理想の女性像を語る記述がある。中途半端に教養があって、堅物な女性より、愛嬌があって、気立てが良い人がいいな~、男も女も愛嬌だよねと光源氏に上から目線で語るのだ。(光源氏は藤壺のことばかり考えているので、何を言われても上の空なのだが・・・)

まさに人の本質を言い得ているなと感心しました。真面目で冷静な人は、話しかけづらいが、明るく元気な人だと、周りも元気になり、話し易いとも左馬頭は雄弁に光源氏に語っていた。

とある上場企業では、採用するにあたり、大声を競争させたり、早食い競争でトップになった求職者を採用したと書いてありましたが、生きる力や元気な奴が企業で必要だと理解して、型破りな採用をしていたのだなと、今頃になって理解が出来ました。

真似は出来ないが、採用基準に、元気で愛嬌がある人を第一条件にしても良いかな。




お気軽にお問い合わせください。ホームヘルパー・ケアマネージャーの派遣やデイサービスについて、ご質問・不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。電話番号ご利用者様の方(介護タクシー・その他) 045-762-2181/法人様・求職者の方 045-762-0851

メールでのお問い合わせはこちら